介護職員初任者研修 資格取得

介護職員初任者研修の資格を取得するには?

介護職員初任者研修の資格は、介護士として働く場合の入門的資格とされています。

 

この介護職員初任者研修の資格を取得するには、どうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、介護職員初任者研修の資格取得方法について、ご紹介していきます。

 

介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修の資格を取得するには、通学方法で取得する方法と、通信講座+通学講座で取得する方法があります。

 

技術などの修得を目指すため、通信講座のみでの取得は不可能となっており、通信講座であっても必ず何日かはスクーリングを行う必要があります。

 

以下、介護職員初任者研修の資格を取得するための流れをご紹介します。

 

1.介護職員初任者研修を開講しているスクールを探し、受講する
2.指定のカリキュラムを修了したら、修了試験を受験する
3.合格することによって、介護職員初任者研修の資格を取得

 

このような流れとなります。

 

先ほどご説明しました通り、介護職員初任者研修の講座を開講しているスクールには、通信と通学の両方があります。

 

社会人の方や、家事などが忙しい主婦の方であれば、通信講座+通学講座の組み合わせで開講しているスクールを選ぶことがおすすめです。

 

通信講座+通学講座の場合には、自宅学習をメインとし、平均15日程度のスクーリングが必要となります。

 

地方にお住まいの方で、通学しなくてはならない場所が遠く、通学が難しいという場合にも、通信講座+通学講座を選ぶことによって、ある程度学習しやすくなると言えます。

 

通学講座を選ぶ場合には、直接指導を受ける事が出来るというメリットがあります。

 

通信講座などで自宅で勉強することになれば、たとえ学科の部分であっても疑問や不明な点というのは出てくると思います。通学講座ではそのような事がなく、疑問点などがあればすぐに質問でき、解決できます。

 

通学講座と通信講座のそれぞれのメリットとデメリットを良く考え、講座を選ぶようにしなくてはなりません。

 

サポートの面なども充実している講座はありますので、しっかりと確認し、事前に調べてから選んでくださいね。