介護職員初任者研修 教育訓練給付金

介護職員初任者研修|教育訓練給付金とは?

介護職員初任者研修の資格を取得しようとした際、受講費用が少しでも安くなる方法はないかと探しておられる方も多いのではないでしょうか。

 

そのような方の場合、教育訓練給付制度を利用するという方法があります。

 

ここでは、教育訓練給付制度・教育訓練給付金についてご紹介していきます。

 

教育訓練給付制度って何?

教育訓練給付制度とは、厚生労働省によって行われている支援制度です。雇用の安定と再就職の促進を目的としている制度となります。

 

これは、ある一定の条件を満たす方が介護職員初任者研修の講座を受講し、修了した場合に、そのスクールに支払った受講料の20%相当が、ハローワークから支給されるというものです。

 

ただし上限は10万円となっており、支払った額が4千円を超えない場合には、教育訓練給付金が支給されることはありません。

 

介護職員初任者研修は、この教育訓練給付制度が適用されるものと指定されていますので、この制度を利用して受講することが出来る様になっています。

 

この教育訓練給付制度を利用して受講することが出来る講座は多くあり、通信講座でも通学講座でも利用できるところもあれば、どちらか片方となる場合もあります。

 

この制度を利用して教育訓練給付金を支給してもらうことにより、通常の価格よりも安く受講することが可能となります。

 

教育訓練給付金の対象者は?

ところが、この給付金を支給してもらうためには、一定の条件を満たしていなくてはなりません。

 

その条件とは、以下のようなものがあります。

 

・雇用保険の一般被保険者で、被保険者として雇用された期間が3年以上の方
・雇用保険の一般被保険者資格を失ってから(退職してから)1年以内かつ、被保険者として雇用された期間が3年以上の方

 

このいずれかの条件を満たしている必要があります。

 

ただし、初めて給付金を支給してもらう場合には、被保険者期間が1年以上でも可能となっています。

 

自分が対象者となっているのか不安な場合には、一度ハローワークに問い合わせてみてくださいね。