介護職員初任者研修 難易度

介護職員初任者研修の難易度はどれくらい?

介護職員初任者研修の資格を取得することは、難しいのでしょうか。

 

資格取得の難易度があまりにも高い場合、取得を諦めてしまう方や、先延ばしにされる方もおられると思います。

 

ここでは、介護職員初任者研修の難易度について、ご紹介していきます。

 

介護職員初任者研修には修了試験がある?!

介護職員初任者研修は、ホームヘルパー2級の頃とは違い、講座を修了するだけで取得できるわけではありません。

 

講座を修了した際には、必ず修了試験を受験する必要があるのです。そして、当然ながらその修了試験に合格しなくては、介護職員初任者研修の資格は取得出来ません。

 

となると、やはり難易度は高くなってしまうものなのか・・・と不安に思われる方も多いと思います。

 

ですが、実はこの修了試験自体は、難易度がそこまで高くないとされています。

 

修了試験の難易度は?

修了試験の難易度として、正確な合格率などは発表されておらず、これといって正確なデータはありません。

 

ですが、スクール側によると、合格率の公表はしていないものの、ほとんどの方が無事に合格されているということです。

 

そもそも、介護職員初任者研修での修了試験の目的は、一般の採用試験などのように、選りすぐりの人材を選出するためではありません。

 

あくまでも、今まで講座で学習してきた知識などについて確認するという意味での修了試験なのです。

 

そのため、講義やテキストの内容をしっかりと理解し、不明な点を解決してさえいれば、誰でも合格できるような内容となっています。

 

ですので、難易度としてはそこまで高くなく、構える必要もありません。

 

もし不合格となってしまっても、補講・再テストなどを行ってくれるスクールもありますので、安心して受験することが出来ます。

 

とはいえ、やはり合格しなくては介護職員初任者研修の資格は取得出来ませんので、しっかりと理解しつつ学習を進めることが大切になります。