介護職員初任者研修 介護職員実務者研修

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修の違い

介護職員初任者研修を受講しようとされている方は、実務者研修との違いは何か、疑問に思ったことがあるかもしれません。

 

ここでは、介護職員初任者研修と、介護職員実務者研修の違いについて、ご説明していきます。

 

介護職員実務者研修って?

介護職員初任者研修は、介護士として働くための入門的資格であり、介護の基礎知識や基礎技術といったことを学ぶものです。

 

では、介護職員実務者研修とはどのようなものなのでしょうか。

 

介護職員実務者研修とは、旧ホームヘルパー1級・介護職員基礎研修にあたる資格とされています。

 

つまり、介護職員初任者研修が旧ホームヘルパー2級にあたることからも分かるように、介護職員実務者研修は、介護職員初任者研修の上位資格ということになります。

 

介護職員実務者研修は、上位資格であることに加え、介護福祉士の国家試験を受験するための受験資格でもあるものなのです。

 

介護福祉士になるためには、3つのルートがあります。平成28年度(第29回)の国家試験からは、その中の一つである実務経験ルートを通る場合、実務経験3年以上に加えて、実務者研修の修了が必須となるのです。

 

介護職員実務者研修が、介護福祉士実務者研修と呼ばれることがあるのは、このためだとも言えます。

 

二つの違いをまとめると…

では、二つの違いをまとめてみましょう。

 

介護職員初任者研修

・介護資格の入門的ものであること
・旧ホームヘルパー2級にあたるものであること
・修了試験があること

 

介護職員実務者研修

・介護職員初任者研修の上位資格であること
・旧ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修にあたるものであること
・修了試験がないこと
・介護福祉士の受験資格となること
・サービス提供責任者になれること

 

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修には、このような違いがあることになります。

 

つまり、この二つの資格には、根本的な違いがあるということなのです。

 

どちらの資格においても、受講資格はもうけられていませんので、たとえ介護未経験で無資格であっても受講することが可能です。

 

ですが、やはり介護に従事したことが無いという方は、介護職員初任者研修から取得されることをおすすめします。