介護職員初任者研修 資格

介護職員初任者研修の資格制度について

2013年、介護の資格制度が大きく変わりました。それまでは介護職に就くためにはホームヘルパー2級という資格を取得することが必要とされていました。高齢化が急速し、介護人材不足と介護の質の低下が問題視されての打開策として打ち出されたのが、介護職員初任者研修の資格制度です。

 

ホームヘルパー2級を取得した方にはそのまま資格保有者としてみなされます。しかしホームヘルパー2級は廃止となったので、これからは介護職員初任者研修を受講することになります。ホームヘルパー2級同様、介護の入り口という位置づけをされています。

 

ホームヘルパー2級の講座より、より技術重視で実践的な講座になりました。実技スクーリングの時間を増やし即戦力のある介護職員を育成することを目的としています。

 

もう一つ、介護職員初任者研修の資格制度についての意義があります。それは、介護の世界で働く人の離職離れを防止し、働く人に明るい展望を見いだせるようなキャリアパスにしたということです。先にお伝えしたいのが、ホームヘルパーの3級と1級も廃止になったということです。3級に代わるものは特にありません。

 

(旧)1級と(旧)介護職員基礎研修が一本化され、介護職員実務者研修として新しく生まれました。介護職員実務者研修は、介護職員初任者研修を修了している方には免除される科目があります。

 

また、2016年からは、介護福祉士を受験する際にはこの介護職員実務者研修終了が必須条件になります。介護福祉士を経験した後には、これから新設される認定介護福祉士という資格を取得することができます。認定介護福祉士とは、介護福祉士の先生のような存在で、より質の高い介護サービス提供に尽力することが期待されることになります。

 

まだ、認定介護福祉士制度は発足されていませんが、近い将来介護の資格の頂点になることには間違いありません。要するに、介護職員初任者研修は、介護のキャリアパスの第一歩であり、次に介護職員実務者研修、次に介護福祉士、次に認定介護福祉士、という最終点に就くことに狙いをおいているのです。