介護の豆知識

介護の豆知識

介護の豆知識エントリー一覧

デイサービスの増加について

デイサービス(通所介護)は、介護が必要な高齢者が住み慣れた地域・家で生活を送ることを支える重要な手段の1つであり、「訪問介護」「ショートステイ」とともに介護保険制度における在宅サービスの3本柱として位置付けられています。そして近年、介護保険制度の改正によって、介護事業に参入する民間企業が増えています...

続きを読む

小規模デイサービスの増加について

小規模デイサービスとは、月の利用人数が300人以下の事業所を指します。小規模デイサービスが増加している要因としてまず挙げられるのが、初期投資が安いことです。デイサービスは3uで利用者1名の定員になります。開設する際も改築面積が小さく、場合によっては、民家を利用するなど初期投資を低く抑えることが出来ま...

続きを読む

デイサービスの変化について

昔のデイサービスは、A型〜E型といった形でサービスの種類が分類されており、高齢者の心身状態をレベルで振り分け、介護サービスを提供していました。現在の介護サービスでも、高齢者をレベル分けして、それぞれの高齢者に合った介護サービスを提供するという点は同様ですが、本来あれば高齢者という人間をいくつかに分類...

続きを読む

デイサービスの役割

デイサービスとは、高齢者が最期を迎える日まで、在宅で継続的に生活を送れるようにサポートするのが役割です。よってヘルパーなどの介護サービス提供者は、高齢者の自宅の生活状況を把握する必要があります。一般的には住居内での生活環境に的を絞って把握することであり、本当の意味での在宅生活支援を実現していくのであ...

続きを読む

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとデイケアは名称が似通っているために、同じ意味に捉えやすい傾向がありますが、介護保険制度では、デイケアサービスが通所介護、デイケアが通所リハビリテーションと明確な違いがあります。デイサービスは、株式会社やNPO、社会福祉法人によって運営されており、他にも特別養護老人ホームなどに併設された...

続きを読む

小規模デイサービスの戦略について

小規模デイサービスのメリットは数多くありますが、介護職員が利用者である高齢者とより密接に接することが出来る点が挙げられます。また経営という視点からみれば、人件費を抑えられるというメリットもあります。小規模デイサービスの経営者の中には、介護職員出身者だけでなく、身内で介護が必要となり、その体験がきっか...

続きを読む

介護職員初任者に求められる使命

介護の最前線で働く人達のスキルアップに寄与し、人材として育つためにはどのようにすればいいのか、介護施設で指導することが、私が現在、力を注いでいる仕事の一つであります。私が介護職員初任者からケアマネジャーへ転身した大きな目的は、たくさんの介護の知識を福祉現場に還元しながら、利用者本位サービスを担う人材...

続きを読む

人気の高い介護職員初任者研修

民間企業のグローバル化に伴い、かつての経営者と従業員は家族のような関係にあるという古いタイプの企業はどんどんと姿を消していきました。企業は、会計制度が変わったため、社員のためではなく、株主のため利益を追求すべく、これまでのように数年後の利益のために、今を我慢するといった経営も許されなくなります。その...

続きを読む