デイサービス

デイサービスの変化について

昔のデイサービスは、A型〜E型といった形でサービスの種類が分類されており、高齢者の心身状態をレベルで振り分け、介護サービスを提供していました。

 

現在の介護サービスでも、高齢者をレベル分けして、それぞれの高齢者に合った介護サービスを提供するという点は同様ですが、本来あれば高齢者という人間をいくつかに分類することはナンセンスであり、介護のやりやすさといった介護サービス側の人間から見ればメリットもあるのでしょうが、介護職員初任者としてヘルパーという仕事に携わっていると、中々割り切れない部分もあるのも確かです。

 

現場には様々な障害を抱えた高齢者がいて、時間の経過とともに状態が悪化するケースも数多くありますし、その課程で高齢者との新しい形の縁も生まれますから、要介護度が変わったからといって簡単に割り切れるようなものではありません。今後は、このようなレベル分けも無くなることを祈っています。

 

高齢者の家族はもちろん、現場で働くヘルパー(介護職員初任者など)も、最期まで支えていくつもりで介護に臨んでいるのです。

 

高齢者が介護サービスを選択する自由

 

従来、措置制度の時代では、介護サービス利用者が自分で介護サービスを選択する自由がありませんでした。

 

現在の介護保険制度においては、サービスの選択が自由となりました。一般の人は介護制度に関する知識も少ないため、ケアマネジャーに任せっきりになるケースも少なくありませんが、権利として自己選択が可能になったのは大きな進展だと言えます。

 

それに合わせて、そこにはサービスの多様性という変化も伴います。法により縛りは少なくないものの、それぞれのデイサービスを比較した場合、最も大きく変化した点だと言えるでしょう。

 

特に介護保険制度が施行される以前のデイサービスにおいては、高齢者を預かり家族の休養を目的としてサービスを提供していたように思われますが、現在のデイサービスの現場を見ていると、高齢者本人の要望や希望に沿った形で、生活を支えていくという視点が備わりつつあるといえるでしょう。