デイサービス デイケア

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとデイケアは名称が似通っているために、同じ意味に捉えやすい傾向がありますが、介護保険制度では、デイケアサービスが通所介護、デイケアが通所リハビリテーションと明確な違いがあります。

 

デイサービスは、株式会社やNPO、社会福祉法人によって運営されており、他にも特別養護老人ホームなどに併設されたものも存在します。デイサービスへ行き、音楽やクラフト作成などのレクリエーションや機能訓練等を実施し、食事や入浴サービスなどを受けることができます。

 

デイケアは、医療法人等によって運営されており、病院・診療所・介護老人保健施設などに併設されています。主治医の指示に基づき理学療法・作業療法・言語聴覚療法などを実施するリハビリテーションを主に行っています。

 

デイケアに医師が配置されるのが特徴で、医学的な管理が必要な高齢者やリハビリの希望がある利用者に適しているといえるでしょう。

 

それに対して、デイサービスでは、目的はレクリエーション、社会参加、家族の介護負担の軽減、食事・入浴サービスが中心となります。一方、通所リハビリテーションの場合、目的は身体機能の維持、回復の軽減、日常生活の回復などのためのサービス提供を中心に行います。

 

それに併せて、理学療法士や作業療法士が、人として日常の生活を送れるように、入浴や摂食などの一般的な生活動作から、基本的な動作に至るまで、幅広く関わっていきます。

 

高齢者の自立生活の援助や、要介護者の生活作りを積極的にサポートする作業療法士の仕事は、高齢者の生活そのものを援助していく仕事になります。要するに、身体や精神に障害を持つ高齢者の機能回復から、日常の生活に至るまで、支援をする介護のスペシャリストといえるでしょう。

 

手工芸・絵画・音楽・生活動作訓練に至るまで、生活動作の訓練を中心として、作業療法を活用して、高齢者の自立や社会復帰をサポートしていくのです。