介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは2013年から導入された厚生労働省が発令したものです。もとになっているのは、旧ホームヘルパー2級です。カリキュラム内容はあまり変わっていませんが、ホームヘルパー2級より実技スクーリングを多く取り入れました。より質の高い介護サービスを提供する介護職員を生み出すことが狙いです。

 

また、介護職員の質も高めたいため、研修が終了した時点で筆記試験を課すことになりました。筆記試験自体は簡単なのですが、それがあるということで研修を真面目にうけさせるという狙いがあります。ホームヘルパー2級は研修を受講さえすれば修了書がもらえました。研修を修了しても、実際に介護の職に就く人は少ないという結果に終わり無意味な研修と呼ばれていました。

 

また、いったん介護の職についても途中で辞める人も多いのが現状です。それを防ぐために、介護職員初任者研修に連動して、介護職員実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士と3ステップを踏みながらレベルアップできる構成を作りました。厚生労働省が各都道府県介護保険主幹部に対し、今後の介護人材のキャリアパスを簡素化し、介護職員が生涯において介護の仕事を全うできるようにすると提言したことから実施に至ったのです。

 

資格制度が大幅に変わり、介護の世界で長く働き続けることに展望が持てるようになったのです。その入り口が介護職員初任者研修です。この資格は誰でも取得することができます。厚生労働省が各都道府県に指針を出し、各都道府県はそれぞれの全130時間で、講義スクーリングと実技スクーリングを並行しながら理解度が深まるように工夫して研修が行われます。

 

介護職員となった時に即戦力として高齢者の支援ができるよう、身体介護、生活援助、相談助言について学びます。身体介護では、排泄、食事、衣類の脱着、洗髪、入浴介助、移動、移乗など演習を交えて入念に練習します。生活援助では家事援助中心のサービスについて学びます。一番大切なのは高齢者への尊厳と、自立支援についてです。

 

介護職員としてだけでなく、人として学ぶべきことが多く大変勉強になる研修です。