介護職員初任者 給料

介護職員初任者の給料について

介護職員の給料は決して高いものではありません。勤続年数、年齢などの要素の違いがあり単純に比較は出来ませんが、一般論としては割に合う仕事ではありません。

 

平均して、介護職員の正社員の月収は、15万〜20万程度です。介護福祉士の資格を持っていれば、これに資格手当1万円が加算される事業所もあります。このご時世、ボーナスもあまりあてに出来ませんが、あるとしても2ヵ月分位でしょうか。

 

パートの月収は、時給800円〜1000円程度×労働時間です。夜勤をすると、1回につき1万円という事業所もあります。昔の言葉をお借りすると、「3K」で、「きつい」、「汚い」、「危険」な介護職の給料引き上げは強く要望されています。

 

「新3K」とは、「きつい」、「帰れない」、「給料が安い」だそうで、まさしく介護職員の心の叫びです。是非お給料を上げて頂きたいと思います。どうしても介護の人材は必要なのですから。

 

ただ、介護職だけが給料が安いのではなく他の業種も年々収入は減ってきています。ある調査によれば、介護職員の平均年収は、299万円、介護福祉士は333万円でした。

 

参考までに、看護士は464万円と跳ね上がります。幼稚園教諭は328万円と、介護福祉士より低いのが少々意外でした。また、介護職員より低い年収の業種として、理容師、美容師などがありました。

 

ちなみに一番高いお給料をもらっている人は、内閣総理大臣で4165万円でした。話は戻りますが、介護の業界で無資格で働くと時給750円程度ですが、働きながら資格が取れる事業所もありますのでその点やりがいがありますよね。

 

事業所は国からの委託で事業費を支給されるので事業所も無資格で働く人を快く応援してくれると思いますよ。

 

そして今現に厚生労働省は交付金などで介護職員の賃金を引き上げる対策を取っていて徐々に上がりつつあります。昨年は介護職員の月収が平均して5880円上がったことが明らかになっています。